【横浜優勝】プロ野球/6月11日の全試合を徹底解説!!【管理人コラム】

【横浜優勝】プロ野球/6月11日の全試合を徹底解説!!【管理人コラム】

プロ野球/6月11日の全試合を徹底解説!!

野球ファンのみなさま。おはようございます。
毎日やきう速報管理人HISAKIでございます。
ソフトバンクの粘り・阪神の意地のぶつかり合いが熱かった…!
好調日ハム、広島に打ち勝つ!
緊急登板佐野、巨人をピシャリ!!
そんな全試合を振り返り!!

 

西武対巨人 1回戦

西武 Point

・投手

発熱のため今井が登板回避、

代役の佐野が3イニングをめどに先発だったが
3回パーフェクトと完璧な内容。
結果、4回1安1四無失点と素晴らしいピッチング。
ショートスターターとして完璧な役割を果たした。

その後マーティンがピンチを作りながら
3回無失点と素晴らしいピッチング!

平井が2死から長打と四球でピンチも抑え、無失点!
増田で締め、巨人相手に完封リレー達成!!

・野手

初回相手のエラーも絡み、2安で2点先制。

しかしその後もランナーを出しながら今村を捉えきれなかったが、

6回に2連打でチャンスを作り中村・メヒアがタイムリーで4得点!


森猛打賞など、11安4点で勝利!!

今日のヒーローは佐野・マーティンだろう!

巨人 point

・投手

先発今村。2回まで5安で先制を許すも、
その後はランナーを出しながらなんとか無失点と粘るも、

6回に4安で3失点。
6回9安1四4失点で敗戦投手となった。

その後澤村がピンチを作りながら無失点も、援護なく敗戦…

野手

3回までパーフェクトピッチングを許すも、
4回坂本四球・丸ヒットでチャンスも岡本が併殺。

5回四球で出塁もビヤヌエバが併殺。

貧打に苦しんだ。

6回には1死2塁、7回には大城の長打など1死23塁とチャンスも
陽・ビヤヌエバが連続三振で無得点。

8回にも2死12塁とチャンスも丸が倒れ無得点。
3安0点で敗戦となった。

SB対阪神 1回戦

SB Point

・投手

先発ミランダ、初回から2四球など1死満塁もなんとか無失点。

その後立ち直りも4回、四球とヒットでピンチを招き高山にタイムリーを浴び、先制を許す。
その後はなんとか粘り、5回3安4四2失点。

中継ぎ陣が粘ると、9回に同点に追いつく!

12回には武田が1安2四死球で2死満塁も
高田のファインプレーなどもあり0点!

・野手

3回までメッセンジャーからヒットを放てなかったが、
失点を許した直後の4回、先頭の福田がソロで反撃。

しかしその後はメッセンジャーに抑えられたが、
9回釜元がヒットで出塁し、バントでチャンスメイクすると、

2死から今宮が同点タイムリー!!土壇場で追いついた!!

しかし12回、先頭グラシアルがヒットで出ると、牽制悪送球、ワイルドピッチで無死3塁も
あと一本でず引き分けに…

阪神 point

・投手

ソフトバンク戦未勝利のメッセンジャー。
立ち上がりから3回までパーフェクトも得点後の4回に被弾。

しかしその後は三者凡退を積み重ねたが、
9回に1死2塁とピンチを招き、2死までとるも、

今宮に同点タイムリーを浴び同点となった。

その後藤川三者連続三振など粘るも勝ち越せず、
12回、ドリスがヒットと牽制悪送球・暴投で無死3塁も粘り、
0点、なんとか引き分けに持ち込んだ。

野手

初回1安2四で1死満塁も0点。

しかし4回、四球と内野安打でチャンスを作ると、
高山のタイムリー・北條スクイズで2点先制!

その後は大きなチャンスを作れなかったが、
9回1死から連続四球とチャンスも無得点。
勝負所で原口起用を行わなかったのが失敗だった。

そして9回に土壇場に追いつかれてしまい、
メッセンジャーに勝ちをつけられなかった。

12回には1安2四死球でチャンスも大山が空振り三振で無得点。

日ハム対広島 1回戦

 

日ハムPoint

・投手

先発上沢が初回2安打を浴び先制を許すも、味方が大量援護。

しかし2回にも内野安打から磯村に長打を浴び失点。
エースが、大量援護の後に失点とややピリッとしない。

ただその後は立ち直り7回6安7奪三振1四2失点と好投だった。

しかしロドリゲスが誤算、0.1回2安1四2失点も、宮西が火消し、
今日抹消された秋吉に変わって石川直也が締めなんとか逃げ切った。

・野手

初回、2安と1四でチャンスを作り、中田・王が連続タイムリー。

2死も中島がタイムリーなど、初回から打者一巡の猛攻を見せ5得点!

5回には相手のエラーと2四球で無死満塁も0点。
7回の先頭2塁打も生かせないなど拙攻。1回以降は1安打と苦しんだが
投手陣の踏ん張りもあり勝利!

今日のヒーローは中田・王だろう!

広島 point

・投手

先発野村が初回から捕まる。

いきなり12番に連打を浴び、近藤に四球を与えると、45番に連続タイムリー…
さらに2死から89番にも連打を浴び、一挙5失点。

1回6安1四5失点KOとなり、二軍降格…

その後菊池が無死満塁を0点に抑えるなど、
9回まで1安に抑えると、攻撃陣が反撃するも、
あと一歩及ばなかった。

・野手

初回鈴木のタイムリーで先制も、野村が大量失点。
しかし2回も、磯村のタイムリーで反撃。6回にも2安も無得点だったが、

8回バティスタの2ランで1点差に迫る!
しかしあと一歩及ばなかった。

 

オリ対中日 1回戦

オリPoint

・投手

先発山本が2回、1死から四球と安打でピンチを作り、
藤井にタイムリーを浴びてしまい先制を許す。

しかしその後は安打を許しながら無失点。
7回4安6奪三1失点と今日も好投だったが、またも勝利とはならなかった。
10登板で11点しか援護をもらえてない….

その後近藤が2死から四球を出し1安で失点。
敗戦となった。

・野手

初回中川ヒットも走塁死。

4回に2死から吉田ロメロでつなぐも小島が倒れ無得点。
5回も小田が出塁も併殺で無得点。

6回には、中川の3ベースから3四球で同点も、その後はヒットが打てず、
3安1点で敗戦となった。

中日 point

・投手

先発阿知羅が粘りのピッチング。
4回に2死12塁と初めてピンチも、小島を抑え無失点。

しかし6回、2死から中川に長打を許し降板。
その後谷元がなんと2者連続四球の押し出しで失点。

阿知羅は5.2回3安3四1失点も勝利とはならなかった。
その後チームが勝ち越し、ロドリゲス・マルティネスで締め、勝利!

 

・野手

2回、1死からビシエドが四球、福田ヒットでつなぐと藤井がタイムリーで先制!

しかしその後は先頭出塁2度も得点には繋げられなかった。
ただ8回、2死から三ツ俣が四球で出塁し、大島がタイムリー!

代走亀澤の好走塁もあり勝ち越し、勝利!!

今日のヒーローは亀澤と大島だろう!

ロッテ対De 1回戦

ロッテPoint

・投手

先発涌井が初回、神里に2塁打もなんとか粘り無失点。
しかし2回にはソト、3回には神里に一発を浴びる。

そしてチームが逆転したあとにすぐに3連打で逆転を許すと、
2死から2連打を浴び4.2回9安1四6失点で敗戦投手。

今年の涌井は本当にすぐ援護点を吐き出してしまう…

中継ぎ陣粘投も反撃できず敗戦となった。

・野手

2回に2死から1安2四死で満塁も、江村が倒れ無得点。

しかし4回も2死からヒットと四球でチャンスを作ると三木が2年ぶりのHRで逆転!

しかしその後逆転を許した5回、内野安打と2四球で無死満塁も、

井上レアード連続三振、中村内野ゴロで無得点。

9回に2死から四球とヒットでチャンスも
清田が倒れ無得点。

敗戦となった。

De point

・投手

先発濱口、2回に2死から内野安打と2四死球で満塁も、
内野ゴロに抑え無失点。

しかし4回、2死からヒットと四球でピンチを作ると三木に被弾し、逆転を許す。
審判との相性に非常に苦しんだ。

チームが勝ち越した後、無死満塁のピンチを招いたが、
2三振など無失点!6回4安7奪三5四死3失点と粘った。

山崎康晃が9回、2死から四球とヒットも清田を抑え勝利!!

・野手

涌井相手ということもあり、横浜高校出身メンバーでオーダーを固めた。
その起用が大当たりだった。

初回先頭2塁打も無得点だったが、2回にはソトのHRで先制!

3回には神里がソロで追加点。

4回の先頭2塁打は無得点も、逆転をされた5回には1死から2連打で
チャンスを作り、涌井の同級生石川がタイムリー!

その後犠飛と乙坂のタイムリーで涌井から6得点でKO!!

今日のヒーローは神里と粘った濱口だろう!

楽天対ヤク 1回戦

楽天Point

・投手

先発塩見が粘りのピッチング。
4回まで大きなピンチがなく、5回には3者連続三振など素晴らしいピッチング。

6回に山田に被弾したものの、7回5安1四1失点と好投だった。

その後ブセニッツが、1安2四死球で満塁も、バレンティンを抑え無失点!
松井で締め、勝利!

・野手

2回は相手のミスから作った無死2塁も0点だったが、
3回、2安でチャンスを作り、ブラッシュがタイムリー!!

5回には茂木の長打からチャンスを作ると、浅村がタイムリー!
本当に塩見先発試合は打つなぁ…

7回には2死満塁から0点も8安3点で勝利!

今日のヒーローは塩見・浅村コンビだろう!

ヤク point

・投手

先発原樹理、2回にはレフトフライを中山が落球で二塁打も無失点。
しかし3回には3安を浴び失点。

5回には、先頭に長打を浴びてから、浅村にタイムリーを浴び3失点。
球自体は悪くなかったが、ピンチで粘り切れず、

6.2回8安7奪三2四球3失点で敗戦投手となった。
その後近藤・マクガフが締めるも追い上げできず敗戦…

・野手

4回まで3安と抑えられ、5回には三者連続空振り三振など、
塩見を捉えられなかったが、

6回、山田のソロで反撃。

しかし8回には2死満塁から無得点など、
楽天投手陣を打てず、6安1点で敗戦となった。

交流戦順位表!!
・ソフトバンクが負けなかったのは非常に大きかった。
セリーグ首位広島がまさかの借金3。好調日ハム相手に勝ち越さないと上位はない…
・交流戦好調のDeNA。順位浮上のためにもロッテには勝ちきりたい!
6月8日(土)の見どころ!
・いよいよプロデビューとなる吉田輝星。球界のエース大瀬良相手に鮮烈デビューなるか!
移籍後初登板となる熊原VS久々の登板館山。明日の試合結果がお互いの今後に大きく影響する…!
好調十亀。これまでの安定感抜群の投球が、強力巨人打線相手にも通用するか!
移籍後初登板となる竹安。球界を代表する左腕大野相手に投げ勝てるか!
今季2度目の登板となる和田。長いイニングを投げ、前日使い切った中継ぎを休ませられるか!
・交流戦好調のDeNA。安定感のある大貫がチームを勝利に導けるか!

乞うご期待!!