【上茶谷プロ初勝利】プロ野球/5月18日の全試合を徹底解説!!【管理人コラム】

【上茶谷プロ初勝利】プロ野球/5月18日の全試合を徹底解説!!【管理人コラム】

プロ野球/5月18日の全試合を徹底解説!!

野球ファンのみなさま。おはようございます。
毎日やきう速報管理人HISAKIでございます。
落ち込むな山野辺!!!!!
上茶谷が念願の初勝利!!
今野・K-鈴木も待ち望んだ初勝利!!!
広島が上がってきた…!
そんな全試合を振り返り!! 

オリ対西武 8回戦

オリ point

・投手

プロ初勝利が遠いK-鈴木。

初回から2四球でピンチを招くと、森にタイムリーを浴び、先制を許すも、
ピンチで追加点はとらせない。

その後4回に先頭に長打を浴びるも後続を抑え無失点。

6回に2四死球を与えたところで降板。
四球も多く毎回のようにランナーを背負う苦しい登板だったが、
5.2回3安6四死1失点となんとかまとめた。

その後ピンチでリベンジ登板となる小林が火消し。
続く澤田・増井が完璧に抑え、 K-鈴木にプロ初勝利をプレゼント!

野手

3回に1死満塁も無得点と流れが悪かったが、

4回に2死23塁のチャンスで相手のエラーに助けられ2得点。

その後は大きなチャンスを作れなかったが
最少得点で勝利!

西武 point

・投手

先発の今井が3回、1死満塁のピンチを招くも、なんとか無失点。

4回に無死12塁から1死23塁のピンチを作ると、
内野ゴロに抑えた、かと思ったが山野辺がエラー。

ただその後はランナーを出しても併殺にとるピッチングで、
7回4安3四死2失点自責点0と素晴らしいピッチング。
しかし好投ながらも不運に泣き、援護もなく敗戦投手に。

 

・野手

初回相手の2四球を生かし森のタイムリーで先制。

しかしその後はランナーを毎回出しながら得点が遠い。

4回には先頭の栗山が2塁打も、木村が送れず、0点。
その後も毎回2塁まで塁を進めるも無得点。

8回以降はチャンスなく敗戦。
6四死球とるも、4安打と泣き、敗戦となった。

そしてなんといっても今日は山野辺の守備が痛かった。
中村の休養のため、本職のセカンドではなくサードでプレーするも、
悪送球が3回。

3回の満塁時の送球も、森のナイスキャッチで失点にはならなかったが4回の満塁時には、
ショーとに任せるべき打球を取りに行って悪送球。7回も悪送球。
とるまでは非常にうまいだけに勿体無い。
ルーキーかつ本職でないこともあるので攻められないが、今日の敗戦でひきづらないことを祈る。

SB対日ハム 7回戦

SB Point

・投手

先発の千賀が雨天中断でも集中力を切らさず粘りのピッチング。
雨×土という悪いコンディションもあり、
本調子ではなかっただろうが、7回4安9奪三5四1失点と好投。

4回に2安を浴び失点もその他では連打を許さなかった。
その後は中継ぎ陣が大きなピンチを作らず勝利!

・野手

初回から1死2塁も無得点。

しかし5回、内野安打からチャンスメイクし、
相手のエラー・ワイルドピッチから犠牲フライで逆転!

その後は大きなチャンスを作れず8安2得点と拙攻も、

最少得点で逃げ切った。

日ハム point

・投手

先発上沢が初回から2死12塁のピンチを招くも無失点!

4回には2死満塁のピンチも0に切り抜けたが、
雨天中断が終わった5回、内野安打からピンチを招き、
ヒットを打たれると、今宮にヒットを打たれ、近藤が悪送球で同点においつかれる。

その後自身の暴投から犠牲フライを打たれ逆転を許す。

しかしその後は粘り無失点に抑え7回7安2四2失点と好投も掩護がなく敗戦となった。
そして西川。かわいい。
最高のファンサすぎる…

野手

3回に2死12塁のチャンスも、無得点。
4回には近藤の長打から王が返し先制するも、その後の12塁では無得点。

5回以降は3四球も内野安打一本のみと泣き、4安1得点2抑えられ敗戦。

雨天中断が終わった5回の守りで2失点してしまったのが非常に痛かった。

ロッテ対楽天 8回戦

ロッテ Point

・投手

初回2死23塁のピンチも、無失点。
4回には、味方のエラーから満塁のピンチを招いたが、

ブラッシュ・嶋としっかり抑え無失点。
ウィーラーに一発を浴びたものの、失点は1点のみ

今季不調だったが、打たせてとるピッチングが冴え、
6回3安2四1失点と好投だった。

しかし8回の唐川が誤算。
先頭の辰巳を中村のエラーで出塁させると、藤田にタイムリー。

2点差にされると、浅村に2ラン・島内にソロと連続HRで逆転を許す。

9回に 2安1エラーから内野ゴロで失点を許し、投手崩壊で敗戦となった。

・野手

初回荻野貴司が先制ソロ。

その後2回に下位打線からチャンスを作ると荻野がまたも2塁打で2得点。

3回には井上がソロで追加点。

しかし5回には無死23塁から下位打線で無得点。
あとのことを考えると5回に追加点を取れなかったのが
非常に痛く、まさかの逆転負け。

その後チームが逆転を許した8回、
2死から荻野が3ベースも同点ならず。

サイクル未遂の活躍を見せた荻野が打率.333に。
しかしチームを勝利に導くことはできなかった。

楽天 point

・投手

先発の石橋が立ち上がりから先頭HRを浴びるなど安定しない。

2回にも下位打線からピンチを招き荻野にタイムリーを浴びる。

井上にも被弾し5回10安4失点と良くなかった。
しかしその後の今野が2回無安打と素晴らしいピッチング。

日ハム戦で大逆転を呼び起こした今野が今日も大活躍で勝利投手に!

野手

ボルシンガーの前に初回2死23塁も無得点。

4回には1死満塁もブラッシュ・嶋が倒れ無得点。
6回にはウィーラーがHRで1点返すと、

8回相手のエラーから藤田が2塁打で1得点。

続く浅村が2ランで同点!!そして島内がソロでなんと逆転!!

9回にも1死から2安と1エラーで追加点!!
9安打も一発攻勢の6得点で大逆転勝利!

ただ心配なのは藤田だ。このプレーで足の付け根付近を痛め交代。
離脱の可能性もある…

阪神対広島 8回戦

阪神Point

・投手

初回先頭をヒットで出塁を許す。

その後バント・内野ゴロで2死まで取るも西川に3ランを浴びる。

その後完全に立ち直り5回まで三者凡退だったものの、
6回にバティスタにソロHRを浴びる。

7回に二塁打も無得点に抑え、粘りのピッチングを見せたが、初回の3ランが非常に痛く
7回5安2四4失点で敗戦投手に。

その後浜地が無死12塁のピンチも無失点に切り抜けたが援護がなく敗戦。

・野手

初回、先頭が出塁も無得点。

2回には無死12塁から1死満塁のチャンスもメッセ・近本が倒れ無得点。
4回、1アウトからマルテがヒットも、北條がサインミス?で
エンドランを見逃してしまいダブルプレー。
マルテが単独スチールをかけるとは考えづらく最悪の見逃し三振となった。

その後7回に先頭二塁打も下位打線から塁を進められず無得点。
3回まで毎回のように先頭安打など、広島を上回る8安も無得点と拙攻だった。

そして心配なのは糸井だ。
このプレーで膝付近を痛めた可能性があり交代。
明日以降の出場が心配される。

広島 point

・投手

先発のジョンソンが初回から内野安打も無失点。

2回には無死12塁・1死満塁も無失点。3回も先頭出塁、
その後も毎回のように安打も無失点。

ジョンソンらしく、ランナーを出しても自慢の制球力で粘りのピッチング。

6回6安1四無失点と、しっかり仕事をした。

その後勝ちパターンで逃げ切り勝利!

・野手

初回、1安1四球でチャンスを作り、
二死から西川が天才的なバッティングで3ランホームラン!

その後5回まで三者凡退とチャンスはなかったが
6回にバティスタがソロ。

8回には無死12塁も無得点だったが、2HRによる得点のみの4点と効率的な特典で勝利!

ヤク対De 8回戦

ヤク Point

・投手

前回登板で初勝利を挙げた石川、
初回にいきなり連打を浴びると犠牲フライで先制を許す。

その後立ち直りを見せたが、3回、二死から宮崎に四球を与えると、
ソトに2ラン。

5回も1死からまさかの上茶谷・神里に連打を浴び降板。
変わった五十嵐も宮崎・筒香にタイムリーを浴び、

石川は4.1回5安1四5失点となった。
そしてその後大下が2イニング目に捕まる。

5安打1四球の猛攻で5失点を喫し勝負あり。敗戦となった。

・野手

序盤、上茶谷を捉えられなかったが、2まわり目にバレンティン雄平と繋ぐと、
村上が同点ホームラン!

流れを戻したかのように思えたが、裏にチームが勝ち越しを許す。

7回にはエスコバーを捉え、2安1HRで3得点も時すでに遅し。


7安6得点も、投手が崩れ敗戦。

De point

・投手

プロ初勝利が遠い上茶谷。1まわり目はヒットを打たせなかったが、
変化球が多く、もう少しストレートに頼るべきだと思っていた矢先、

4回村上に3ランを浴び同点。その後6回ピンチを作ったところで降板。
砂田が火消し。5.2回3安4四球3失点と、仕事はした。

その後エスコバーが3安3失点も、リードが大きく勝利!!

・野手

初回から連打で石川を攻め犠飛で先制。

3回にはソトの2ランで追加点。

同点2追いつかれたすぐ後に、1死から上茶谷・神里連打でチャンスメークすると
宮崎・筒香のタイムリーで3点追加で勝ち越し!

さらに7回には神里から5安1四球の猛攻で一挙5得点!

チーム全体で14安打と猛攻。
神里・宮崎が猛打賞と上位打線が繋がり、
チャンスを多く作ったことが今日の11得点につながった 。

宮崎は今日3安打2タイムリーと好調、打率も240まで上がってきた、もう完全復活だろう!

中日対巨人 7回戦

中日 Point

・投手

先発柳が2回、先頭に2塁打を浴びると、ゲレーロに2ランで先制を許す。

3回には相手の2四死球から丸・岡本連続タイムリーで失点すると

その後4回は先頭長打も無失点、6回に連打も無失点と粘るも
6回7安4四死5失点で敗戦。

全体的に前回登板より球が高く、
3回に無死から2連続四死球が痛かった。

・野手

 

2回二死から高橋・堂上連打で23塁も無得点。

その後は大きなチャンスがなく、メルセデスに抑えられていたが、
8回には2死からビシエドがタイムリーも、1点止まり。

巨人と同じ9安打もチャンスで1本でず1得点で敗戦。

巨人 point

・投手

先発メルセデスが2回、二死23塁も無失点。

その後は大きな緩急を巧みに使い大きなピンチを作らず、
7回5安1四球無失点と抜群の内容。

8回に変わった中川が2安1四1失点で連続無失点記録は途絶えるも、
澤村が2安打無失点で締め勝利!

・野手

2回ゲレーロの特大HRで先制!

3回には2連続四死球から丸・岡本のタイムリーで追加点!



その後は4回に先頭長打も無得点、6回・9回と2安打も無得点。

中盤以降は拙攻だったが、しっかりと逃げ切り勝利!

5月19日(日)の見どころ!

・いよいよだ!プロ初登板となるドラ1ルーキー松本。衝撃のデビューなるか!!
・今週絶好調の釜元。ミランダを援護しチームを勝利に導けるか!
・嫌な形で敗戦したロッテ。しっかりと明日勝ち、勝ち越しを決めたい!
・前回完投のアドゥワ。甲子園での前回登板は四球連発だったが、しっかりリベンジできるか!
・ヤクルトに連勝中のDeNA。打球直撃から復活した濱口が3タテを決められるか!
・プロ初先発で勝利をあげた清水達也。本拠地凱旋で2勝目なるか!

乞うご期待!