【オリックスの守備】プロ野球/5月16日の全試合を徹底解説!!【管理人コラム】

【オリックスの守備】プロ野球/5月16日の全試合を徹底解説!!【管理人コラム】

プロ野球/5月16日の全試合を徹底解説!!

野球ファンのみなさま。おはようございます。
毎日やきう速報管理人HISAKIでございます。
昨日は山本くんに悲劇が…
オリックスさん、幾ら何でも酷すぎますよ…
西武は10年以来(正確は不明)のソフバンビジター3タテならず…

そんな全試合を徹底振り返り!

 

SB対西武 9回戦

SB point

・投手

先発の高橋礼が抜群のピッチング。

緩急をしっかりと使えており、西武打線に連打を許さない。
失点も中村の被弾のみと、そのほかは長打すら許さず
自己最長となる8回5安無四1失点と素晴らしいピッチング。

テンポも素晴らしく、投手戦を制した。
その後森がリベンジ登板。1イニング無失点で抑え、勝利。

野手

榎田をなかなか捉えられなかったが、
4回グラシアルの一発で先制。

その後完璧に抑えられていたが7回に甲斐の一発。

8回には2アウトから連続四球でチャンスメイクすると
グラシアルのどん詰まりのあたりがポテンヒット。
続く内川もヒット。運に恵まれ追加点。
投手戦を制した。

西武 point

・投手

先発榎田が素晴らしいピッチング。

2本のホームランを浴びたものの、テンポよくソフトバンク打線を抑えた。

現状一番安定している投手だろう。

8回に2死までとったが2四死球で満塁のピンチを招くと
ポテンヒット2本で3失点。

不運に泣き、7.2回8安4四死5失点も先発の仕事は
しっかりとしてくれた。

しかし、その後平井を登板させたのは本当に理解できない。
4点ビハインドまで平井を使っていれば本当に夏頃には壊れてしまう。
もう少し考えて欲しい!!!!!

・野手

1巡目は高橋礼の前に手も足も出なかった。
4回に先頭の金子が出塁するも繋がらなかったが

5回に中村ソロで同点。

しかし大きなチャンスはなく、5安1得点と完敗だった。

楽天対日ハム 8回戦

昨日とは打って変わって投手戦。

楽天 Point

・投手

先発の辛島が、7回6安2四1失点。

初回・3回・4階と先頭出塁も無失点だったが
7回に先頭の長打から1失点したのは痛かったが、
結果としては素晴らしい出来。

その後、青山が2連打を浴び痛恨の失点。
高梨も2四球と流れを持ってくることはできなかった。

・野手

加藤の前に1安打と完全に押さえ込まれてしまった。

7回に初めて先頭が出塁するも、
ゲッツーでチャンスとはならず。

8回に2死13塁と初めてチャンスを作るもあと一本が出ず
2安打と泣き敗戦となった。

日ハム point

・投手

先発の加藤が抜群の内容。

自慢の緩急で5回までピンチを作らず5回1安打2四無失点と完璧。

その後自慢の中継ぎ陣が
ピンチを作りながらもなんとか無失点に切り抜け、

最小得点で勝利!

野手

辛島対策に西河を外すなど、オーダーを右で固めたがあまり効果はなかった。
初回に2死12塁も中田が倒れ無得点、3回にも12塁で無得点。

ランナーを出しながらあと一本が遠かったが、7回に清水の長打から、
平沼の長打で先制!

8回には大田の3ベースから近藤タイムリーで勝ち越し
9回に2死から連続四球は無得点、
8安打2点と拙攻だったが、逃げ切りなんとか勝利。

ロッテ対オリ 7回戦

ちょっと見るに耐えない試合だった。

ロッテPoint

・投手

先発種市が2回に3安打・吉田エラーで2失点も、

その後は2安打に抑えるなど好投で6回5安2四2失点と
しっかり仕事をしてくれた。

ビハインドでもしっかりと粘り6回まで投げたのは大きかった。
その後中継ぎ陣はピンチを作らず、大量リードに守られ勝利!

・野手

4回2死まで無安打も、井上の一発から流れを掴む。

5回には2本のヒットで1得点し追いつくと、

6回には相手の3エラーを生かし3安打で一挙4得点。

難敵山本相手に6点と素晴らしかった。

その後8回にもしっかりとオリックス投手陣を捉え3安打で2得点。

不調に喘ぐ中村が2安打、藤岡が2タイムリーと
下位打線での得点・チャンスメイクが非常に大きかった。

オリ point

・投手

先発の山本が抜群の投球も4回に井上に被弾。

5回にも中村に2ベースを浴びると、藤岡にタイムリーを浴び同点。
そして6回。オリックス野手陣が完全に敵に回ってしまった。

先頭の鈴木大地のフライを小島がなんと落球で3ベース。

その後タイムリーを浴び、ゲッツーをとった、と思いきやなんと大城がエラー。

その後2安打1四球で3失点してしまい、
苦しみながらなんとか荻野を内野ゴロに抑えた、
と思ったらなんとT-岡田がエラー。

まさかの3失策に泣き5.2回6安1四球6失自責2と
なんともかわいそうな内容。

その後山崎の復帰登板も3安打を浴び、
変わったプロ初登板の張も抑えきれず3失点。
序盤は完全に流れをつかんでいたが、まさかの敗戦。

・野手

初回3安打と相手のエラーでいきなり2点先制も、
佐野が併殺に倒れ2点止まり。

その後は4安打に抑えられえ大きなチャンスを作れなかった。
そして何より守備だ。

6回には小島の落球からピンチを作り失点すると、
その後大城が落球しゲッツーを取れずピンチ拡大。

続くフライもインフィールドフライだったが落球。

やっと山本が抑えたと思いきやT—岡田がトンネル。
信じられないような守備を連発し、山本の足を引っ張り続けた。

De対中日 7回戦

De Point

・投手

先発の大貫が素晴らしいピッチング。
緩急も使えており安定した投球を見せる。

初回にあっさり先制を許したが2回の先頭長打は
失点に繋げなかったのはよかった。

7回には先頭の長打から福田にタイムリーを浴び2失点。
2回には福田を敬遠しているのに、なぜ7回では勝負なのか?
少し悔いの残る采配だった。

結果としては7回5安2四2失点としっかり仕事をしてくれた。
その後、砂田が平田に被弾。

3失点も、援護がなく敗戦となった。

・野手

初回12塁のチャンスで筒香が12球粘るも三振。

3回にも12塁のチャンスでソトが併殺。

6回に神里がHRで同点も、

勝ち越しを許す。

鈴木博志から1四球・1安打でチャンスを作り1死23塁のチャンスを作るも
佐野の内野ゴロの1得点のみ。あと一本が出ず5安2得点と泣いた。

中日 point

・投手

先発のロメロが立ち上がりこそ不安定だったものの
3回以降は立ち直り結果としては7回3安2四1失点と
素晴らしい仕事をした。

ストレートが本当に速い…!
その後ロドリゲスは抑えたものの、
鈴木博志が1死23塁のピンチを作ると

佐野内野ゴロの間に失点もなんとか抑えきり勝利!

・野手

初回京田の二塁打からあっさり先制。
しかし2回の先頭2塁打は走塁死で生かせず…
5回にも2死23塁のチャンスも無得点。

7回には絶好調高橋周平の2ベースから福田がタイムリーで勝ち越し!

8回には平田がソロで突き放すと、そのまま逃げ切り勝利!

絶好調高橋周平が2本の2塁打など3安打!
福田が2安打1四球と素晴らしかった。

5月17日(金)の見どころ!

・悪い流れで敗戦したオリックス。エース山岡が好投で流れを呼べるか!
・前回ソフトバンク相手に好投した二木。好調そのままに楽天打線を抑えれるか!
・チームの勝ち頭床田、西相手に投げ勝ち、チームの勢いを伸ばせるか!
・前回大炎上のエース小川、今永相手に投げ勝つことができるか!
・プロ初先発の勝野、強力巨人打線に相手に真っ向勝負で投げ勝てるか!

乞うご期待!