【令和の五・一五事件】プロ野球/5月15日の全試合を徹底解説!!【管理人コラム】

【令和の五・一五事件】プロ野球/5月15日の全試合を徹底解説!!【管理人コラム】

プロ野球/5月15日の全試合を徹底解説!!

野球ファンのみなさま。おはようございます。
毎日やきう速報管理人HISAKIでございます。
昨日は奇跡の逆転勝利が多かったですね!!
広島もすごかったけど、楽天の一発攻勢すごかった…
そして何より阪神打線。すごすぎだ。
菅野どうしてしまったんだろう?

そんな全試合を徹底振り返り!

SB対西武 8回戦

SB point

・投手

大竹が2回に山川に被弾。

しかしその後はピンチを作りながらおさえていたが
5回下位打線から3連打で1失点。

その後無死12塁を抑えたのは大きかった。
しかし6回山川にまたも被弾。
6回8安3失点とQS。

その後リードを保ったが、森が誤算。
先頭をヒットで出塁させると外崎に痛恨の一発。
変化球が高めに抜けてしまった。

野手

4回にデスパイネのHRで同点。

5回に四球から今宮タイムリーのあと、
デスパイネの2本目のホームランで勝ち越し!

その後は森脇の前に1安打に抑えられると、

チームが逆転を許し、敗戦。
3連敗となった。

 

西武 point

・投手

本田が1巡目は1安打に抑える素晴らしいピッチング。
しかし4回にデスパイネに被弾すると、
5回には四球から今宮の長打・デスパイネのホームランで逆転を許し、

5回6安2四4失点で降板。一巡目がよかっただけに、
デスパイネの2HRが痛かった。

しかしその後森脇が3回無失点でプロ初勝利!
抜群の安定感で1安打に抑え、逆転を呼び、
増田がしっかり締め勝利!

・野手

2回山川の一発で先制。

4回に無死12塁、5回の得点後の無死12塁を生かせないなど
流れは少し悪かったが6回に山川がHR。

9回に森が先頭で出塁すると、木村がバント失敗。
流れを失ったかのように思えたが、

外崎が逆転2ラン!

奇跡の逆転勝利だった!

楽天対日ハム 8回戦

今年は一味違う楽天!!
リードを許しても諦めない強さ、怖いですね。
日ハムファンにとってみればリメンバー4.18といったところでしょうか…

楽天 Point

・投手

先発の古川が初回から苦手大田に被弾。
3回にも大田に2本目のソロを浴びると4回には6安打で5失点。

4回8安1四8失点と2日連続大量失点となってしまった。

しかし今日登録の今野が素晴らしいピッチング。
対ソフトバンク戦で流れを読んだ戸村のように、流れを呼ぶピッチング。

3回1安打無失点!
チームが8点差を追いつくと、そのあとは必勝継投!
今野が3イニング投げたことで延長になっても試合をしっかり運べた。

・野手

今年の楽天、本当に長打力が素晴らしい。

8失点したものの4回には相手のエラーもいかし
2安打で満塁のチャンスを作るとブラッシュが
満塁HRで4点返す。

6回には満塁で0点も、
8回にブラッシュの2本目のホームランと

嶋のホームランで1点差に!

そして9回浅村のホームラン。

4本のHRで8点差を追いつく素晴らしい攻撃。

そして11回、先頭藤田が出塁すると、島内がエンドラン。

その後ライトフライの間に素晴らしい走塁で試合を決めた!

先週はソフトバンク相手に7点差を追いつくなど、
もう絶命パークとは言わせない。すごい試合だった!

日ハム point

・投手

悪夢再来といったところでしょうか。

先発金子が3.2回5安4失点。
味方のエラーもあるが、ブラッシュに満塁HRを浴び降板。

前回登板から間隔があいていなかったこともあり、
3回で降ろすと思っていた。

その後中継ぎ陣を小刻みに継投し、勝ち切ろうとするも、
石川直也が2HR3失点と大誤算。
回跨ぎとなった秋吉が浅村に被弾でなんと
8点差を追いつかれてしまう。

その後なんとか粘ったものの、
玉井が11回に2安打と犠牲フライでサヨナラ負け。リメンバー4.18…

野手

初回に大田がHRで先制。

3回にも大田が2本目のHRで追加点。

4回にも中田の2塁打から4安1で一挙5得点。

昨日に引きつづき、8得点の集中打を見せたが、

すぐ裏に満塁HRを浴びる。
その後は打線が楽天投手陣を捉えられず、流れを完全に渡してしまった。
11回には2死から12塁とチャンスも浅村のファインプレーに防がれ得点ならず。
13安打8得点も5回以降は4安打と完全に止まってしまい、

まさかの形で逆転され、痛すぎる敗戦となった。

ロッテ対オリ 6回戦

ロッテPoint

・投手

先発の涌井が7回6安7奪三振2失点。
初回先頭に2塁打を浴びるもなんとか0点も、
3回にセカンドのフィルダースチョイスで失点。
6回に2本の2塁打で2点目も、

大きなピンチがなく、素晴らしいピッチングだった。
しかし唐川が8回、先頭に二塁打を出すと、内野ゴロの間に失点。
内野ゴロもゲッツーが取れるところを取りきれなかったのが痛かった。

・野手

初回荻野がヒット・盗塁・暴投から内野ゴロで先制も。
2回・3回の2塁打を生かせず無得点。

7回には3安1得点も、レアードの走塁死がいたかった。

荻野が猛打賞も得点になったのは1点のみ。

オリックスを上回る8安打ながら2点と拙攻だった。

オリ point

・投手

先発の榊原が7回6安1四2失点と好投!

初回自身の暴投もあり、あっさり先制を許すが、

その後ピンチを作りながらあと一本は許さない。
7回に2安打を浴び、2死までとったが、清田にタイムリーを浴びた。
この闘志むき出しのスタイル。好きです。

がっくりしたが、その後チームが勝ち越し勝利投手!
澤田・増井がしっかり締め勝利!

・野手

初回中川が2塁打で出塁も無得点。
3回には佐野の機動力を生かし、相手のフィルダースチョイスで同点>

6階には吉田・マレーロと2本の長打で勝ち越すも、追いつかれるが、

8回には福田の2ベースから、内野ゴロ2本で勝ち越し!
7安3得点と、少ない点数でしっかり逃げ切った。

広島対ヤク 8回戦

広島Point

・投手

大瀬良が初回から3安打で2失点。
3回にも先頭の長打から、1失点。6回にも2安打から味方のエラーで
1失点。6回7安打4失点とQSを果たせなかった。

そのレグナルトがエラーがらみで3安打3失点。
その後菊池・中村・山口が無失点と流れを作ると
チームが同点に追いつく!!
中崎が登板し締めると、さらに勢いづき、勝ち越し!

・野手

初回2連打も菊池の走塁死で流れを渡す。
2回に相手のエラーもあり、2安1四で1得点。

しかし大瀬良のヒットから繋いだものの、菊池が倒れ1点止まり。
5回に2連打で1点、8回に鈴木HRから追い上げ!

さらに9回には4安2四球で怒涛の追い上げ!!
小窪の押し出しで追いつくと、

10回に鈴木がサヨナラホームラン!!!

今日4安打2HR5打点の大活躍だった!

ヤク point

・投手

初回スアレスがまさかの1回降板。
上半身のコンディション不良とのこと。

緊急登板の大下が1回2安1四1失点。
マクガフが3回1失点・五十嵐1失点。
失点しながらもなんとか粘ったが、

梅野が広島打線に捕まる。
太田のエラーもあるが、4安打2四球。
この球はとってもらいたいところではあったが…
しかもなんと49球も投げてしまった…

さらに中尾が鈴木に痛恨のサヨナラ被弾。
中継ぎをフルで使った上に5点を逆転されるという痛い敗戦だった。

・野手

初回3安打で2点先制!
3回にも青木の2ベースから追加点。

6回にも2安打から相手の エラーで1得点。

7回に相手のエラーを生かし3安打で3得点。

12安打7得点と効率野良い攻撃ができたが、なんとも痛すぎる敗戦。

太田が3エラー。守備位置が異なることもあるが、
失点に絡み痛すぎるエラーだった。

 

巨人対阪神 8回戦

巨人Point

・投手

菅野どうしてしまったんですかね。
HR打たれすぎですよ…

巨人・原監督「正常ではない」
10失点KOの菅野に曇り顔も「乗り越えないといけない」https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190515-00000159-dal-base

初回いきなり糸井にHRを浴びると、3連打を浴び3失点。
2回にも3安1四で2失点。

立ち直ったかのように思えた5回には福留・6回には木浪・大山にHR。

今日だけで4被弾と、何かがおかしい。
結果、5.2回11安4被弾10失点と自己ワーストだった。
その後田口・野上も3失点し、18安打13失点と投手崩壊だった。

・野手

菅野がまさかの立ち上がりだったが、2回に2連打から1得点。

3回に石川のHR、

4回の3連打と菅野の内野安打など
得点は返していたが、まさかの大量失点。

7回に丸が3ラン・8回にも3連打と

13安打8得点と攻撃力はみせたが、追い上げとはならなかった。

阪神 point

・投手

岩田が立ちあがりからヒットを打たれる。

5点リードも、連打を浴びるなど3.2回8安4失点。
その後守屋が1.1回無失点も、

能見がHRを浴び3失点。ジョンソンも1失点など

大量得点ながら勝ちパターンを使わざるを得なくなってしまったのは痛かった。

・野手

初回から菅野をせめたてる。
糸井のHR含む5安打でいきなり3得点。

2回にも3安打で2得点。
5回には福留がHR

6回には木浪がHR

さらには大山の超特大のホームランで

菅野から10得点!!
その後も猛攻を続け梅野のHRなど
18安打13得点の猛攻で巨人を圧倒した!

De対中日 6回戦

De Point

・投手

先発の東が6回4安2四1失点と好投。

前回登板は変化球は抜け、
直球の球威が足りずに弾き返されるというところが目立っていたが、
今日は去年のような安定感をみせるピッチング。

京田を3度出塁させ、平田にタイムリーを浴びるも、

そのほかはランナーを返させないすばらしいピッチング。
その後エスコバーが被弾も、しっかり押さえきり勝利。

・野手

序盤は大野の前にチャンスを作れなかったが、
4回、ロペスの一発で逆転。

6回には中軸で作ったチャンスを下位打線の伊藤光が満塁ホームラン。

さらに復活した宮崎がソロホームラン。

一発攻勢で試合を決めた!

中日 point

・投手

大野が初回から好調だったものの、4回に被弾すると、
6回にも2安打1四球でピンチを招くと、
伊藤光に満塁ホームラン。

さらに宮崎にもソロを浴び、3本のホームランで
6回11安2四7失点と炎上してしまった。
続く福も失点し、流れをきれなかった。

・野手

3回に平田のタイムリーで先制も、

5回には京田の3塁打を生かせないなど、後一本が遠い。

7回に福田がソロもおおきなチャンスはなく、敗戦となった。

京田が4出塁も得点にからんだのは1度のみと、
拙攻だった。

5月15日(水)の見どころ!

・直近10年ほど福岡で勝ち越しのない西武。苦手ソフトバンク相手に3タテなるか!
・大逆転勝利の楽天。勢いそのままに、日ハムを打ち砕けるか!
・オリックス山本が登板。同級生の種市相手に投げ勝てるか。
・連敗ストップのDeNA。大貫が試合を作り連勝スタートとなるか!

乞うご期待!