日本ハム

1/40ページ

2019/10/04

日本ハム

【悲報】日ハム5年目立田将太投手(23)、戦力外通告に号泣…取材打ち切りに

1: 風吹けば名無し 2019/10/04(金) 05:36:46.96 ID:/ZZOysDzp
入団5年目、23歳が流した涙。

そんな中でも一瞬だけ、人間らしさが覗いた部分があった。

立田将太投手。

高卒で入団5年目。23歳の若さで今回、岐路に立った。高校時代から周りに流されることなくレベル、スキルアップをして、ファイターズへと入団した。
高校時代に、プロで活躍することを第一義に目標設定し、故障防止の観点などから球数を自身で制限。異色の道のりで、プロの世界へと歩んできた。

ファイターズでは、その夢は叶わなかった。今後は現役続行を希望していると表明したので、再チャレンジする機会が訪れるのを待つことになる。そんな強い意志を持つ立田投手が、ふと23歳の青年らしく、喜怒哀楽を見せた場面があった。

理路整然と報道陣に対応をしている中で、チームメートへの思いを語り始めた時だった。

少し上を見上げた。言葉が、続かなくなった。そして沈黙した。仲間たちと野球ができたことへの感謝の思いを明かし始めた時だった。声は震えていた。言葉にならなくなった。
一粒、また一粒と涙が、ほおをつたっていた。おもんぱかった報道陣の配慮もあり、そこで取材は打ち切りになった。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191003-00840961-number-base&p=2

続きを読む

2019/09/30

日本ハム

【ガッツは…】栗山監督、続投へ!!球団最長9年目指揮!

【日本ハム】栗山監督、続投へ…球団最長9年目指揮

 日本ハム栗山英樹監督(58)が来季も続投する可能性が高いことが29日、分かった。関係者の話を総合すると、この日までに来季の戦力構想などについての話し合いをスタートさせている模様。1976~83年の大沢啓二監督を抜き、球団最長となる9年目の指揮を執ることが有力となった。

【写真】田中賢の背番3ユニを着用したナイン

1年契約で臨んだ今季は、借金8の5位と苦しんだ。指揮官はその責任を取る覚悟を持っていたが、主力に故障者が続出し、外国人選手の低迷が響いたシーズンだったことも事実だ。今季終了後には吉村GMが「編成面での責任は全部こちらにある。監督に順位を含めた責任を押しつけるつもりは全くない」と語るなど、球団は責任がフロント側にもあると判断。来季の続投を要請する方針を固め、慰留に努めてきた。

この日、千葉・鎌ケ谷スタジアムで取材に応じた同GMは「何も言えない」と言及を避けた。栗山監督は、30日、札幌市内の球団事務所で川村球団社長と去就についての会談を行う予定だ。

続きを読む

2019/09/26

日本ハム

日ハム栗山監督辞意、中日二軍監督・小笠原道大氏、荒木大輔二軍監督が後任か

1: 風吹けば名無し 2019/09/26(木) 08:40:36.16 ID:bY1tBYjt0

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-00000013-dal-base

日本ハム・栗山英樹監督(58)が今季限りで辞任する意向であることが25日、分かった。既に続投要請をしている球団は全力で慰留に努める方向だが、本人の辞意は固いとみられる。
退任が決定した場合、後任監督には外部招聘(しょうへい)なら球団OBの中日・小笠原道大2軍監督(45)、内部昇格なら荒木大輔2軍監督兼投手コーチ(55)らが候補に挙がる。

続きを読む

2019/09/25

日本ハム

【悲報】日ハム栗山監督、辞意の意向をフロントに伝える…球団は慰留へ

1: 風吹けば名無し 2019/09/25(水) 05:50:42.72 ID:rJ3hwP0G0
日本ハム栗山英樹監督(58)が今季限りで辞任する意向であることが24日、分かった。既に、球団へ辞意を伝えた。就任8年目の今季は7月まで優勝争いも、8月以降に大失速して3年ぶりのリーグ優勝を逃した。
22日にクライマックスシリーズ進出の可能性も消滅し、この日で5位が確定。成績不振の責任を取る覚悟を決めた。

続きを読む

2019/09/24

日本ハム

【朗報】日ハム栗山英樹監督、続投決定!来期で9年目の日ハム史上最長政権へ

1: 風吹けば名無し 2019/09/23(月) 23:27:37.64 ID:7PV7h/6aM

 (パ・リーグ、ロッテ4-0日本ハム、24回戦、ロッテ13勝11敗、22日、ゾゾマリン)日本ハムが、栗山英樹監督(58)に来季の続投を要請する方針を固めたことが22日、
分かった。
この日のロッテ戦(ZOZOマリン)に0-4で敗れ、5位以下が確定。2年連続のクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性が消滅したが、全日程終了後に正式に要請するとみられる。

1年契約で臨んだ今季は開幕投手の上沢ら主力が離脱する中、8月に5勝20敗1分けと大失速するまで首位争いを展開した。
先発投手を序盤で交代させるショートスターターなど、
常識にとらわれない采配も見せた。

3年ぶりのリーグ優勝こそ逃したが、8年間で2度のリーグ優勝と5度のCS進出を果たした指揮官への評価は不変だ。米大リーグ、エンゼルスで活躍する大谷を投打二刀流として育てるなど
若手指導にも定評がある。

栗山監督が要請を受諾すれば来季は9年目。球団では11年間指揮した大沢啓二氏以来の長期政権で、連続年数では1976-83年(8年)の同氏を抜いて最長となる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190923-00000033-sanspo-base

続きを読む
1 40